相続人が相続の放棄をした場合、三カ月の熟慮期間内であっても、その放棄を撤回することができませんか?

相続人が相続の放棄をした場合、三カ月の熟慮期間内であっても、その放棄を撤回することができませんか?
相続人が、家庭裁判所に、「相続放棄申述書」を提出して受理された後は、
その相続放棄の撤回は、相続の開始があったことを知ったときから
熟慮期間である三カ月以内であっても認められません。

ただし、詐欺脅迫により相続の放棄をしたなど
民法所定の取り消し事由に該当する場合には、
相続の放棄の取消しをすることが出来ます。
(民法第919条)

Follow me!