• 水. 10月 5th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

顧問税理士交代のタイミング

確定申告の季節ですね。
令和3年分の確定申告の申告期間は、
還付申告の方は既に申告済みの方も多いことと思いますが、
営業を行っている方の場合、
2月16日(水)から3月15日(水)です。

今年は、ウイークデイに始まりウイークデイで終りますので、
新型コロナウイルス関係で延長が認めらる方以外は、
この期間内で申告を済ませる必要があります。

ところで、既に確定申告を顧問の税理士に依頼されている方も多いことと思われますが、
現在の顧問税理士について、
・顧問料が高い
・訪問頻度が少ない
・提案やアドバイスが少ない
・相性が悪い
・自社の業界に疎い
・年代があわない
等の理由から切り替えをお考えの場合、
切り替えるタイミングとしては、
年の途中で切り替えると仕掛が発生してしまいますので、
今のうちから検討を始めるのもよいのではないかと思います。

顧問の税理士を探す方法としては、
知人等から紹介してもらうケースが多いと思われますが、
そのよう知人等がいない場合、上場企業で無料で税理士の紹介を行っているところもありますね。
いずれにしましても、読者の皆様が、
互いに信頼関係が持てる税理士と出会われることを願っております。

税理士ドットコムで最適な税理士選び

投稿者プロフィール

吉田茂彦
吉田茂彦主任研究員 (税理士、CFP®認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
・金融資産運用歴40年超
・国税庁、国税局、国税不服審判所等に勤務後税理士登録。
・著書
 「平成3年版 税務相談事例集」
 「平成14年版 法人税決算と申告の実務」
 「平成15年版 図解法人税」
 「平成15年版 減価償却質疑応答集」(以上、大蔵財務協会、共著)
・担当
 記事の記載と他の記事の監修
 金融資産運用講座

吉田茂彦

・金融資産運用歴40年超 ・国税庁、国税局、国税不服審判所等に勤務後税理士登録。 ・著書  「平成3年版 税務相談事例集」  「平成14年版 法人税決算と申告の実務」  「平成15年版 図解法人税」  「平成15年版 減価償却質疑応答集」(以上、大蔵財務協会、共著) ・担当  記事の記載と他の記事の監修  金融資産運用講座

PAGE TOP