事業の承継には自社株の承継が必要です

後継者に事業を承継するためには、
経営権、つまり代表権の承継と
財産権、主に自社株の承継が必要になります。

最初にご説明した経営権については、
後継者が代表取締役に選任されることです。
これ自体は難しいことではないかもしれません。

次にご説明した財産権及び自社株の承継についてですが、
株式会社の最高意思決定機関は株主総会ですから、
事業の後継者は株主総会における
決定権の確保が必要となります。
このため、事業の後継者は財産権、
特に自社株の承継が必要となります。

ここで、自社株の承継は、税負担の問題がありますので
税金について対策を検討し、
実行していくことが重要となります。

また、会社が不動産等を賃借している場合には、
自社株以外にも不動産等の利用権の承継も必要となります。

Follow me!