借地契約の存続期間が満了したとき、借主が借地上の建物に居住するなど、その土地の使用を継続しているときは、貸主が遅滞なく異議を述べなければ、借家契約は従前の契約と同一の条件で更新されることになりますか?

借地契約の存続期間が満了したとき、借主が借地上の建物に居住するなど、その土地の使用を継続しているときは、貸主が遅滞なく異議を述べなければ、借家契約は従前の契約と同一の条件で更新されることになりますか?

存続期間満了後、借地権者が土地の使用を継続してるときは、借地契約は存続期間を除き、従前の契約と同一の内容で更新されるとされています(借地借家法第4条、第5条第2項)。

従って、借主が借地上の建物に居住するなど、その土地の使用を継続しているときは、貸主が遅滞なく異議を述べなければ、借家契約は従前の契約と同一の条件で更新されることになります。

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛一般社団法人FPマネースクール 代表理事、税理士事務所ファイナンシャルプランナー
担当
FPマネースクールサイトQ&A執筆
資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒