親と子が相続人であり、子が未成年者である場合、親はその子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりませんか?

親と子が相続人であり、子が未成年者である場合、親はその子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりませんか?
相続人が未成年者である場合には、その親が法定代理人として遺産分割協議を行うことができるとされています(民法第824条)。

しかし、親自身も相続人であるときには、未成年者と親の利害関係が相反するため、その親は、その未成年者のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならないとされています(民法第826条)。

従って、親と子が相続人であり、子が未成年者である場合、親はその子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりません。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP