• 水. 11月 30th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

不動産運用

  • ホーム
  • 不動産の評価方法の収益還元法は、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格を求める手法であることから、賃貸用不動産価格を求める場合には有効ですが、自用の住宅地の価格を求める場合にも適用できますか?

不動産の評価方法の収益還元法は、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格を求める手法であることから、賃貸用不動産価格を求める場合には有効ですが、自用の住宅地の価格を求める場合にも適用できますか?

開発法は、土地の面積が近隣施設の標準的な土地の面積に比べて大きい場合等において、マンション用地として一体利用をすることが合理的と認められるときに適用されるものですが、戸建分譲用地として分割利用するときも適用されますか?

近隣地域の標準的な土地の面積に比べて面積が大きい更地については、分割利用することが合理的な場合には、開発法を適用しますが、一体利用することが合理的な場合にも開発法を適用できますか?

不動産鑑定評価の原価法は、対象不動産が既成市街地内にある建物や敷地であるときに、適用できますか?

原価法は、価格時点における対象不動産の再調達原価について減価修正を行って対象不動産の試算価格を求める手法で、建物だけでなく土地についても適用することができますか?

取引事例比較法について、取引事例に売り急ぎ、買い進み等の特殊な事情がある場合でも、近隣地域内の対象不動産と類似の不動産取引については、特に補正なく採用することができますか?

PAGE TOP